田舎僧侶の暮らし

けっこう長芋が好きな坊主のブログ

読書感想文『復活の日』

この前読んだ、「世界は贈与でできている」の中で紹介されていて、面白そうだなぁと思い借りてみました。 小松左京:『復活の日』読了しました。 小松左京。はじめて読む作家さんだったけど、SF作家であるというのは、今回はじめて知りました。 今回読んだ『…

26歳からはじめる書道チャレンジ【第31週目】

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。 総理大臣が菅さんに変わ…

読書感想文『売上げを、減らそう。』

26歳からはじめる書道チャレンジ【第30週目】

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。 今の連休、数年に一度あ…

読書感想文『世界は贈与でできている−資本主義の「すきま」を埋める倫理学−』

イモトアヤコのインスタで紹介されていた今回の本! 気になったので、借りました。 近内悠太:『世界は贈与でできている–資本主義の「すきま」を埋める倫理学』読了しました。 「贈与の原理」を知ることで、僕らは世界の成り立ちを理解し、大切な人たちと出…

26歳からはじめる書道チャレンジ【第29週目】

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。 9月もまもなく、折り返し…

読書感想文『頭に来てもアホとは戦うな』

この上から目線的な、センセーショナルなタイトルに惹かれて手にとってしまいました。まんまと、出版社の思うツボにハマってしまったって感じ〜 田村耕太郎:『頭に来てもアホとは戦うな』読了しました。 読んだあとのざっくりした感想は、やられたらやり返…

26歳からはじめる書道チャレンジ【第28週目】

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。 9月になってはじめての週…

読書感想文『菜食主義者』

人生初の韓国文学。韓国映画は見たことあって、面白い作品あるなぁと思うものもいっぱいある中で、そういや韓国の小説は読んだことないなぁと思い、借りてみました。 ハン・ガン:『菜食主義者』読了しました。 著者の名前がハン・ガンという名前で、あれ?…

26歳からはじめる書道チャレンジ【第27週目】

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。 昨日は、午後にスマホに…

読書感想文『いつも忙しい時間貧乏をやめる7つの方法』

忙しすぎて、時間がない!ということが何度かあって、それでも自分より忙しい人は世の中にもっと大勢いるはずで、そんな人達は、24時間をどうやって使っているのかと思ったので、借りてみました。 内藤忍:『いつも忙しい時間貧乏をやめる7つの方法』読了し…

26歳からはじめる書道チャレンジ【第26週目】

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。 お盆シーズンも終わり、…

読書感想文『コンビニ人間』

以前、村田沙耶香作品を初めて読んで、他の作品も読んでみたいと思っていた矢先、図書館にあったので借りました。 村田沙耶香:『コンビニ人間』読了しました。 コンビニといえば、特に買いたいものなくても、惰性で入ってしまって、結局何も買わないとか、…

26歳からはじめる書道チャレンジ【第25週目】

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。 8月も折り返しに差し掛か…

読書感想文『父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話』

とんでもなくわかりやすい。というフレーズにつられて借りてしましました。 ヤニス・バルファキス:『父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』読了しました。 読み終えた瞬間、世界が180度変わって見える。もっともシンプル…

26歳からはじめる書道チャレンジ【第24週目】

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。 バッチリ夏らしく、暑い…

読書感想文『なぜこんなに生きにくいのか』

このタイトルと、表紙の絵でジャケ買いしてしまいました。表紙の絵なんてもう、哀愁漂っていて、読むの一瞬怖くなるけれど、前回読んだことがある著者の南 直哉氏の著書ということで買いました。 南直哉:『なぜこんなに生きにくいのか』読了しました。 人と…

26歳からはじめる書道チャレンジ【第23週目】

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。 2020年も、もう夏。例年…

読書感想文『生命式』

図書館の新刊コーナーにあったので、借りてきました。 読んでから気づいたけれど、著者は『コンビニ人間』書いた人なんだね!今度読んでみようと思いました。 村田沙耶香:『生命式』読了しました。 久しぶりの短編集 全部で12篇から構成されている短編集…

26歳からはじめる書道チャレンジ【第22週目】

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。 すっかり外の気温は夏模…

読書感想文『Think clearly–シンク•クリアリー』

この前、YouTube見てて、検索せずとも、あなたにおすすめの動画的なところに、中田敦彦のYouTube大学が紹介されていて、この本のサムネイルであっちゃんが動画出してたので気になっていました。 ロルフ・ドベリ『Think clearly』読了しました。 「思考の道具…

26歳からはじめる書道チャレンジ【第21週目】

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。 コロ助の東京での感染者…

読書感想文『熱源』

直木賞とった作品だと知って、ミーハーな私は早速、図書館に貸し出し予約をしました。 川越宗一:『熱源』読了しました。 樺太(サハリン)が舞台 樺太(サハリン)と言えば、ちょー寒いだろうな!ということと、日本の領土だった時もあれば、ロシアのものだ…

26歳からはじめる書道チャレンジ【第20週目】

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。 7月に入ったというのに、…

読書感想文『落日』

2文字のタイトル。この時点で湊かなえ作品らしいなぁ〜と思うし、湊かなえ作品読んでいて思うのは、大概2文字のタイトルのものは、重い内容になっている作品なんだよな〜なんて思いながら、この本を手に取っちゃいました。 湊かなえ:『落日』読了しました…

26歳からはじめる書道チャレンジ【第19週目】

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。 6月も終わりそうになって…

読書感想文『仏ヶ浦殺人事件』

まさか、地元の近くにある場所が小説の舞台となっていると思ってもみなくて、ジャケ買いならぬ、ジャケ借りしてしまいました。 木谷恭介:『仏ヶ浦殺人事件』読了しました。 トラベルライターの森口美樹は、母校の恩師・佐伯重信教授に誘われ、下北半島へ民…

26歳からはじめる書道チャレンジ【第18週目】

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。 昨日で、全都道府県移動…

読書感想文『夢を売る男』

何冊か百田さんの本読んで思ったのは、思想が強い人だなという印象。とりわけ、韓国とか朝鮮に対してね。今回はどんな本になっているかなぁと思い読んでみました。 百田尚樹:『夢を売る男』読了しました。 敏腕編集者・牛河原勘治の働く丸栄社には、本の出…

26歳からはじめる書道チャレンジ【第17週目】

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。 アンジャッシュ渡部さん…