田舎僧侶の暮らし

けっこう長芋が好きな坊主のブログ

26歳からはじめる書道チャレンジ【第2週目】

※この記事は、小学生の時に学校の授業で習っただけで、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければあ…

読了したので感想を『敗者のゲーム』

つみたてnisaやidecoの制度など、ここ最近、投資をはじめやすい環境になりつつあるような感じ。 そんでもって、そのような制度をおすすめする理由として、投資で得た利益が非課税になるとか、所得税が控除されるとかを全面にアピールしている。 いや、そこを…

読書感想文 『絶唱』

あまりドラマを観る方ではないけれども、たまたま面白いなって思ったドラマは大抵、原作が湊かなえさん。この作品はドラマ化されていないよな。まだ。 湊かなえ:『絶唱』読了しました。 4つの章で構成 楽園・約束・太陽・絶唱 それぞれの章で、主人公が違う…

26歳からはじめる書道チャレンジ【第1週目】

※この記事は、小学生の時に学校の授業で習っただけで、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。 ※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければあ…

【読了記録】蜜蜂と遠雷/恩田陸

直木賞と本屋大賞のW受賞で世間を賑わせた本作品、それから時間が結構たったけど、やっとこさ読み終わりました。 恩田陸:『蜜蜂と遠雷』読了しました。 『蜜蜂と遠雷』をきっかけに恩田陸さんを調べていたら、『夜のピクニック』を書いたのも恩田陸さんだっ…

2020年!ユーキャンの書道キット届きました!

さあ、昨年末、2020年は書道にチャレンジするぞ!と思い立って、2019年が終わる手前ギリギリに申し込んだ、ユーキャンの実用書道講座!2020年になって早々届きました! 講座期間は1年間。いやぁ〜この1年でどこまで自分の字が上手くなるかワクワクしてきまし…

【読了記録】世界のすごいお葬式/ケイトリン・ドーティ、池田真紀子 訳

この本のタイトルと表紙がポップな感じだったので、思わず読んじゃいました。 ジャケ買いみたいな感じ。 ケイトリン・ドーティ、池田真紀子 訳:『世界のすごいお葬式』読了しました。 死者の弔い方は地域によって様々。 日本に住んでいて、火葬以外の葬送儀…

【読了記録】メモの魔力/前田裕二

めちゃめちゃ売れているとうことで、読んでみたけども、売れている理由わかったかも。 前田裕二:『メモの魔力』読了しました。 発売元が幻冬舎、とnews picksのコラボで、編集者が箕輪厚介。この時点で、そうそうたる面々がこの本に携わっているんだなぁ~…

【読了記録】金持ち父さん、貧乏父さん/ロバート・キヨサキ

2000年に発行された本だけど、2020年のいまでも十分参考になるよ。 世界的ベストセラーついに読んじゃいました。 ロバート・キヨサキ:『金持ち父さん、貧乏父さんーアメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学』読了しました。 お金のために働くか、お金に働…

【読了記録】いつも「時間がない」あなたに‐欠乏の行動経済学‐

とりわけ今の私には、「時間がない」と思うほど仕事が切羽詰まっているわけではないけども、「時間がない」と思って焦った事はあるからおもわず読んじゃったよね。 『いつも「時間がない」あなたに‐欠乏の行動経済学‐』読了しました。 「時間がない」と「お…

【読了記録】0秒思考/赤羽雄二

赤羽雄二:『0秒思考』読了しました。 タイトル買いしてしまった。 思考の「質」と「スピード」、双方の到達点が「ゼロ秒思考」だ。 ゼロ秒とは、すなわち、瞬時に現状を認識し、瞬時に課題を整理し、瞬時に解決策を考え、瞬時にどう動くべきか意思決定でき…

【読了記録】寺院消滅/鵜飼秀徳

数年前に出版されて、読もう、読もうと思っているうちに時間だけが経過してしまってやっとこさ読めた。 なかなかセンセーショナルなタイトル。これを読もうと思った私、渋い!と思ったね。 鵜飼秀徳:『寺院消滅』読了しました。 現在、全国に約77,000の寺院…

【読了記録】グラスホッパー/伊坂幸太郎

伊坂幸太郎作品は、『アヒルと鴨のコインロッカー』しか読んだ事がなかったので、他の作品も読んでみたくなりました。伊坂作品2度目の今回、『アヒルと鴨のコインロッカー』とは違った作風だなと思いました。 確か、数年前、生田斗真氏主演で映画化されたよ…

【読了記録】悲しみの歌/遠藤周作

キリスト教信者ということで有名な遠藤周作。彼の作品で一番最初に読んだのが『沈黙』。映画にもなったし、確かものすごく長い上映時間だったような気がする・・・ そんな「沈黙」で遠藤周作デビューを果たした私だが、読んだあとの気分は、暗くなったのを覚…

【読了記録】WHY BLOCK CHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?/坪井大輔

この前、『仮想通貨3.0』を読んだら、関連本としてこれもあったので読んでみたくなりました。 坪井大輔:『WHY BLOCK CHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?』読了しました。 ブロックチェーンは人類に、管理者のいない社会をもたらします。 それは、私たち…

【読了記録】仮面の告白/三島由紀夫

『潮騒』に続き2作品目。 三島由紀夫:『仮面の告白』読了しました。 仮面の告白 (新潮文庫) 作者:三島 由紀夫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2003/06 メディア: 文庫 これは、三島由紀夫自身のお話か? 正直めちゃくちゃ読みずらかったぁ~~ 話の内容も…

【読了記録】転職と副業のかけ算/moto

同じ会社に居続けることが安定ではない。これからの安定は、個人で稼ぐことだ! moto:『転職と副業のかけ算』読了しました。 転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方 作者:moto 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2019/08/09 メディア: 単行本(ソフ…

【読了記録】日本国紀/百田尚樹

縄文時代から平成までを約500ページで一気に駆け抜ける一冊。 百田尚樹:『日本国紀』読了しました。 日本国紀 作者:百田 尚樹 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2018/11/12 メディア: 単行本 百田さんの思想、クセが強すぎるぜ。 日本の歴史の概要が、500ペ…

【読了記録】豆の上で眠る/湊かなえ

久しぶりに読む湊かなえ作品。今回は、どんな後味で終わるのでしょうか。 湊かなえ:『豆の上で眠る』読了しました。 豆の上で眠る (新潮文庫) 作者:湊 かなえ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/06/28 メディア: 文庫 小学一年生の時、結衣子の二歳年上…

【読了記録】仮想通貨3.0/マルク・カルプレス

なんとなく、ニュースで外国人が記者会見してたなっていう光景が脳の隅っこにあって、結構前の出来事なんだけど・・・・その時記者会見してた外国人がこの著者だった。 マルク・カルパレス:『仮想通貨3.0』読了しました。 仮想通貨3.0 作者:マルク・カルプ…

【読了記録】斜陽/太宰治

これまた、太宰作品ぽく、暗~~い作品でした。 太宰治:『斜陽』読了しました。 斜陽 (新潮文庫) 作者:太宰 治 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2003/05 メディア: 文庫 「古い道徳とどこまでも争い、太陽のように生き」ていく一人の女。 結核で死んでゆく…

【読了記録】会計の世界史/田中靖浩

応仁の乱読んで、難しいわ!ってなったけど、やっぱり歴史は面白い!ということで、世界史にチャレンジ。だけれど、普通の世界史ではないよね。 田中靖浩:『会計の世界史』読了しました。 会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語 作者:田…

【読了記録】人生は運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている/ふろむだ

2019年、書店に行くたびに、この本が目立ってて読んでみたいなぁ~と思いつつも、他に読もうとしてた本があったので先延ばしにしていましたが、やっと順番が回ってきました。 ふろむだ:『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』読了…

【読了記録】応仁の乱‐戦国時代を生んだ大乱‐/呉座勇一

なんかの情報番組で、この本が売れてますみたいなのを見て、ミーハーな私は買ってしまったよね。 呉座勇一:『応仁の乱‐戦国時代を生んだ大乱‐』読了しました。 応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書) 作者:呉座 勇一 出版社/メーカー: 中央公論新社 …

2020年!書道にチャレンジします!

自分の字の汚さにやっといまさら気づいた。いや、気づいてはいたけど、字に対する興味がなかったと言った方が感情的には近いかもしれません。 確かに字は、どんなに上手い人でも、「自分の字は汚いから」と言いがち。 結局、字は自分で納得いくまで永遠に終…

また本を読んでしまった!【スキャンダル】

遠藤周作作品です。ジャケ買いできるような表紙じゃないけど(失礼か!)著者が遠藤周作ならそうなるかという謎の納得のもと、買っちゃいました。 遠藤周作:『スキャンダル』 スキャンダル(新潮文庫) 作者:遠藤周作 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2013/0…

【また本を読んでしまった】切腹 日本人の責任の取り方

某大手チェーンの古本屋で、100円で売ってたから買っちゃいましたね。 山本博文:『切腹ー日本人の責任の取り方ー』 切腹~日本人の責任の取り方~ (光文社新書) 作者:山本 博文 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2013/12/20 メディア: Kindle版 ブラック…

【読了記録】世紀の空売り/マイケル・ルイス

2008年、リーマンショックがおきてから10年以上経過したいま、あの事件はなぜおこったのか知りたくなって読みました。 マイケル・ルイス:『世紀の空売りー世界経済の破綻にかけた男たちー』 世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫) 作者:マ…

【また本を読んでしまった】錦繍

さっそく、『読書という荒野』のなかで出てきた作家さんの、本を読んでみました。 宮本輝:『錦繍』読了しました。 錦繍(きんしゅう) (新潮文庫) 作者:宮本 輝 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1985/05/28 メディア: 文庫 「前略 蔵王のダリア園から、ドッ…

【読了記録】読書という荒野/見城徹

苦しくなければ、読書じゃない!!ってフレーズに、強烈なインパクトとともに、どういうことや?と思って手に取りました。 見城徹:『読書という荒野』読了しました。 読書という荒野 (NewsPicks Book) 作者:見城 徹 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2018/0…