田舎僧侶の暮らし

けっこう長芋が好きな坊主のブログ

【読了記録】会計の世界史/田中靖浩

 

 

 

応仁の乱読んで、難しいわ!ってなったけど、やっぱり歴史は面白い!ということで、世界史にチャレンジ。だけれど、普通の世界史ではないよね。

 

 

田中靖浩:『会計の世界史』読了しました。

 

f:id:nagaimo_itiban:20191229154901j:plain

 

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

  • 作者:田中 靖浩
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2018/09/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

専門用語がいっぱい。

 

 

 

 

会計といったら、公認会計士とか経理とか、お金に堅苦しいイメージ。そうそう、簿記とかも会計には役に立つはずよね。

 

 

 

たしかに、この本、「会計の」っていってるだけあって、キャッシュフローだの、減価償却だの、貸借対照表だの、「ザ・会計」みたいな単語はでてくる。

 

 

 

だから、あれ?読むのしんどいかもと思っちゃうかもしれないけれど、そこは「会計の世界史」とあるから、やはり世界史らしく、歴史に焦点をあててくれてるので、読みにくさは全然ない。

 

 

 

さっきの、「ザ・会計」みたいな、わかりずらそうな単語も、イラストをつけて解説してくれているので、楽しみながら学習できる。だって、普通科卒業の私が楽しめたので大丈夫なはずよ。

 

 

 

さらに、歴史が好きな人なら、スラスラ読み進められると思ったよ。

 

 

 

 

世界史の流れとして、大航海時代とか、蒸気機関車発明とか、自動車発明とか人々は新しい物を作り続けてきた。その発明にともなって、会計の計算方法とか、概念とかが進化していったとういうことには、ワクワクしたね!

 

 

あと、銀行の英訳bankってもともとは人の名前からきてるんだってね!

 

 

 

 

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

  • 作者:田中 靖浩
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2018/09/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)