田舎僧侶の暮らし

けっこう長芋が好きな坊主のブログ

【読了記録】転職と副業のかけ算/moto

 

 

同じ会社に居続けることが安定ではない。これからの安定は、個人で稼ぐことだ!

 

 

moto:『転職と副業のかけ算』読了しました。

 

f:id:nagaimo_itiban:20200102150902j:plain

 

転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

  • 作者:moto
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2019/08/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

年功序列が崩れてきていると叫ばれて久しいこの頃。

 

 

 

本書の著者は、年収240万円からサラリーマンのキャリアをはじめ、いまでは年収5,000万円を稼ぐ。

 

 

そして、これにプラスして副業4,000万円が加わる。

 

 

強烈なインパクトの著者。

 

 

 

本書は、4度の転職を経ながら、年収を上げてきた経験を元に書かれている。

 

 

 

それゆえ、各転職エージェントの特徴や、面接において気をつけるべきこと等も書かれているからHow to本の要素はあると思う。

 

 

強烈なインパクトは本書の前半で受けた。

 

 

新卒のとき、大企業からの内定をもらっていたのに、自分のキャリア戦略のために、あえて地方のホームセンターに就職した。

 

 

というところから、ちょっと自分とは感覚が違う方なのだなぁと思ったヨ。

 

 

もちろん、リスペクトの意味でね!

 

 

 

お金よりも大事なもの。

 

 

 

本書のメインは、「サラリーマン」としてお金持ちになりたいと思う人をターゲットにしている本。

 

 

 

しかし、お金持ちなりたいか以前の問題が重要で、「どんな人生を送りたいか」という部分が、お金よりも大事らしい。

 

 

 

まずは、自分がどのような生き方がしたいのか、その軸を決めるところからだ。

 

 

と、この本は言っているのかなぁと解釈したよ。

 

 

転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

  • 作者:moto
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2019/08/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)