田舎僧侶の暮らし

けっこう長芋が好きな坊主のブログ

【読了記録】仮面の告白/三島由紀夫

 

 

『潮騒』に続き2作品目。

 

 

三島由紀夫:『仮面の告白』読了しました。

 

f:id:nagaimo_itiban:20200102152508j:plain

 

仮面の告白 (新潮文庫)

仮面の告白 (新潮文庫)

  • 作者:三島 由紀夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 文庫
 

 

これは、三島由紀夫自身のお話か?

 

 

正直めちゃくちゃ読みずらかったぁ~~

 

 

話の内容も、文章の言い回しも。

 

 

でも、そこが良いんだよね~~

 

 

よくその言葉と言葉をつなぎ合わせる事を思いつくよなっ!!

 

 

と終始感じながら読んでいました。

 

 

昭和25年に発売された本として、当時の時代的にも、読者にはこれは衝撃的な内容だったろうなぁと感じました。

 

 

それから時代を経た現在は、それなりにマイルドになったと思うけど、それでも内容は過激的だね。と思ったヨ。

 

 

この小説は、三島由紀夫自身の告白なのか?それとも、ただ仮面を被っているように見せかけているだけなのか?

 

 

解釈の仕方が果てしないね。

 

 

昭和元年に生まれた三島由紀夫、21歳のときに太宰治と会ってるらしいけど、仲は悪かったみたいね。

 

 

それは分かる気がする。どっちもキャラ濃すぎ!でもそれでいて、どちらも最高だけど。

 

 

仮面の告白 (新潮文庫)

仮面の告白 (新潮文庫)

  • 作者:三島 由紀夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 文庫