田舎僧侶の暮らし

けっこう長芋が好きな坊主のブログ

【読了記録】0秒思考/赤羽雄二

 

 

赤羽雄二:『0秒思考』読了しました。

 

 

f:id:nagaimo_itiban:20200103214210j:plain

 

 

 

タイトル買いしてしまった。

 

 

思考の「質」と「スピード」、双方の到達点が「ゼロ秒思考」だ。

ゼロ秒とは、すなわち、瞬時に現状を認識し、瞬時に課題を整理し、瞬時に解決策を考え、瞬時にどう動くべきか意思決定できることだ。

迷っている時間はゼロ、思い悩んでいる時間はゼロとなる。

 

 

この出だしを読んで、私の内にある中二病がゾクッ!としたよ。

 

 

出だしかっこよすぎるでしょ。

 

特に、「迷っている時間はゼロ、思い悩んでいる時間はゼロとなる」の一文は、優柔不断な性格の私には、刺さる言葉だったねぇ〜

 

  

この本は、著者がいう、「ゼロ秒思考」なるものに到達するためのHow to 本だった。

 

 

そこに到達するためには、A4のコピー用紙を使って1分以内に、いま頭の中にあるものを書きだすことだとしている。

 

 

考えたこと、考えていることを書くのではなく、ただ頭の中にある感情、思いついてくる言葉をただ書きなぐるだけでいい。

 

 

本当はもっと具体的で詳細なやり方が述べられているんだけど、初めの一歩はここからはじまる。

 

 

人は考えているようで、考えていない。

 

 

人は常になにかを考えたり思ったりしているけど、ほとんど堂々巡りに終わってしまうことが多い。

 

 

昨日考えていたことを、今日も同じこと考えてたりしがち。そのうちに同じことを1週間も思っていたりなんかしちゃう。

 

 

頭の中にいつまでも同じことが浮かんでは消え、思い浮かんでは消えて、ということを繰り返しているから、脳みそは考えているように錯覚してしまっている。

 

 

だから結局考えているようで、前進していない。

 

つまり、考える力がついていない。

 

それは学歴も、年齢も、職種も関係なく当てはまることだから、著者曰く、それは非常にもったいないじゃない?という事。 

 

本の前半でそう言われたら、「ん~確かにそうかも。」って思っちゃって、読み進めたよね。

 

 

自分の字で書くという行為がミソ。

 

 

PCにタイピングしてもダメ、ノートに書くのもダメ、A4用紙に横書きで書きなさいという。

 

それが一番シンプルな方法で、年齢も学歴も職種も関係なく誰でも実践できて、「考える力」がつく方法であるとしている。

 

 

 

読み終えて試してみたけど、1分で書くのって結構難しいね。

 

 

1分で思い浮かぶことは、沢山あるんだけれど、文字を書く手が全然追いつかない!!

 

 

というか、ペンで書く自分の字めっちゃ汚い!!

 

 

さらに、1分以内で書かないと!って思ってなおさら焦って書くから、急げば急ぐほど汚い字になって、これなんて書いてあるっけ?みたいに、後から自分で読み返せない文字になってる・・・

 

 

果たしてこの状態からでも、ゼロ秒思考の域に達することができるのだろうか?

 

 

著者曰く、やり続ければ、1分以内に余裕で書けるようになるし、なんなら書くこと思いつかなくなる時くるよ。みたいなこと述べてあるから、まずはやり続けるところからはじめてみようかな。 

 

 

やっぱり「ゼロ秒思考」って、かっこいい響きやな。