田舎僧侶の暮らし

けっこう長芋が好きな坊主のブログ

26歳からはじめる書道チャレンジ【第3週目】

※この記事は、小学生の時に学校の授業で習っただけで、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。

※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。



2020年もひと月があっという間に経ってしまったけれども、世間では新型コロナウイルスのニュースであふれているね!

 

マスクが売り切れだってニュースもあるように、めちゃくちゃ田舎なこの場所でもマスクの売り切れ続出で、いつ入荷になるのかわからないんだって・・・・

 

不安だよね、でもそんな時こそ、手洗い・うがいだ!!

 

「手洗い・うがい」と「食事」とあと「睡眠」の3セットがあれば風邪に負けない丈夫な体になれるはず。きっとそうだと私は信じている・・・

 

その効果を実感する出来事は、小学生の時に1回インフルエンザになったきり、ここ数十年、予防接種を受けなくても、インフルエンザに罹っていないんだもの!

 

そう、「手洗い・うがい」「食事」「睡眠」は大事だね。

 

当たり前のことを、わざわざ書いてしまい、すみません。

 

さて、書道チャレンジ【3週目】の課題漢字は「放送」「清和」「悠然」です。



1つ目「放送」

 

手本

f:id:nagaimo_itiban:20200224202521j:plain

 

自分で書いたやつ

f:id:nagaimo_itiban:20200224202602j:plain

 

 

「放送」この漢字のポイントは、「放」の7画目の払いで終わるところから最後の8画目の入りにいく時に、繋がっているような含みを持たせて書くところ。と、最後の8画目をゆっくり太く書くところ。

 

 

「送」は1画目と2画目の「チョン・チョン」を間を大きく開けて書くことと、5画目の入りを4画目の最後と繋げるようにして書くこと。

 

 

ポイントは意識して書くことができたかなぁと思うけれども、「放」の3画目をもう少し、2画目に近づけて書いた方が、バランスよく見えたかなぁと思ったり。

 

 

「送」のしんにょうの最後の払いのところも、止めで終わっているような感じだし、払いで終われる練習する必要があるなと感じました。



2つ目「清和」

 

手本

f:id:nagaimo_itiban:20200224202800j:plain

 

自分で書いたやつ

f:id:nagaimo_itiban:20200224202838j:plain

 

 

「清和」この漢字のポイントは、「清」の6画目と7画目を細い線で続けるように書くところ。それと、10画目と11画目の横線を連続して書き、枠の線に触れないところ。

 

 

「和」は、楷書であれば、5画目にあたるところを4画目の延長として書くことで、5画目を書かないところ。

 

こちらもポイント意識して書きましたが、「清」のさんずいのところの最後のはねる部分、もう少しうまくはねれたんじゃないかなぁと思っています。

 

はねることで言えば、「和」の3画目のところも、もう少しうまくはねることができたんじゃないかなぁと思っています。

 

 

3つ目「悠然」

 

手本

f:id:nagaimo_itiban:20200224203021j:plain

 

自分で書いたやつ

f:id:nagaimo_itiban:20200224203056j:plain

 

 

「悠然」この漢字のポイントは、「悠」の2画目の終わりから3画目にいく時、気持ちでは繋がっているかのように書くこと。

 

「悠」の心の画の部分で、10画目と11画目を分けて書かずに、線でつなげて書くこと。

 

「然」では、楷書で3画目と4画目にあたる部分を、一つの画として表現すること。

 

そして部首でいう「れんが」の部分は楷書では一点一点別々に書くところを、行書では、連続した3つの点になるように書くところ。

 

 

「悠」の方はポイントを意識して書くことができず、楷書のように2画目と3画目を、別々の画の意識で書いてしまった。

 

 

心の部分は、線を引くイメージで、点と点を繋げてかけたかなと思う。

 

 

「然」は、楷書の時は点だった3画目と4画目が、横線で表現されているので、今まで書いたことのないような不思議な感覚になりながら書きました。

 

「れんが」の部分は、3つの点を結ぶイメージで書いたけれども、ここのバランスを上手くとることができれば「然」という字がもっと上手に見えたかなぁとか思ってました。



まとめ

 

以上の3つが、【3週目】の課題でした。

 

個人的には、「清和」が一番書きやすい感じがして、「悠然」が一番書きにくかったかなぁ・・・・

 

「悠」のバランスをとるのが難しいし、たとえ「悠」が、よしっ!!上手くいったと思っても、「然」の方でバランス崩れると、「悠然」自体のバランス崩れて、結果汚い字になるし・・・・

 

まぁ、こうやってバランスなんていっちょ前に言ってるけど、バランス気にする以前の問題なんですけどね・・・字が上手くなるまでの道は険しいな・・・