田舎僧侶の暮らし

けっこう長芋が好きな坊主のブログ

26歳からはじめる書道チャレンジ【第17週目】

 

※この記事は、書道教室など通ったことがない、ど素人が書いています。

※その道の人が見れば、コイツ何言ってんだと思う所が多々あるかと思います。その際は、無視するか、暖かく見守るか、間違いを指摘して頂ければありがたいです。

 

アンジャッシュ渡部さんの大スキャンダルに湧いた1週間でしたね。ニュースアプリの一面で大きく載るもんだから、一瞬にしてその情報が拡散されたことでしょう。

 

てか、そのスキャンダルが載る前に、「視聴者が不快に思うことをした為、テレビ出演自粛します」というニュースが先にやってきたから、一体どれほどのスキャンダルおこしたんかな?と思ったら、不倫だったというね。またか、という感じですね。

 

さて、楷書篇2回目の課題漢字は「山里」です。山里という文字で真っ先に頭に浮かんだのが山ちゃんこと、山里亮太ですね!めちゃくちゃ好きな芸人さんだけど、「山里亮太の不毛な議論」という山ちゃんのラジオ最近聞けてないなぁ・・・・・・・・と山ちゃんに思いをはせる週になりました。



「山」のポイントは、2画目の縦画を左に傾けるようにすること。3画目の縦画を2画目より右へ傾けること。

 

「里」のポイントは、横画を細く書くようなイメージで書き、最後の画だけ最も太い画になるようにすること。



1枚目

 

f:id:nagaimo_itiban:20200613111942j:plain



 

 

 

30枚目

 

f:id:nagaimo_itiban:20200613112012j:plain



 

1枚目の「山」は、2画目の左へ傾けることを意識しすぎたせいで、折り返し横画に移動する箇所の部分までその影響を引っ張ってしまっている。横画の入りが汚いね。

 

1枚目の「里」はポイント通り、細く書くことを意識したので、それはそれで良しとして・・・字の大きさが30枚目の時より、「田」の字が大きすぎるなぁと。

 

それによって「里」自体がバランス崩れているなぁという感じ。

 

 

 

30枚目の「山」は字の大きさでは問題ないかもしれないけれども、2画目の左に傾けるというポイントのところが、弱かったかなぁ。

 

1枚目の仕上がりを見てビビって書いたんだなぁというのが、あとで見返して分かりますね。

 

30枚目の「里」は1枚目の時より良い形になっていると思いますね。



まとめ

 

今回の漢字は「山里」だったわけですけども、行書篇の時も「山」の漢字は書いているはずなのに、なんだか上手く書けない。

 

たった3画の漢字なのに、特に2画目が、行書だろうが楷書だろうが上手いこといかない。

 

「山」という漢字、こりゃ苦手だなと気づく回になりました。

 

あと山ちゃんのラジオ聞きたいなぁと思いました。